シュレディンガイガーのこねこ

作詞:daniwellP    作曲:daniwellP

目覚まし時計のベルで覚めた
朝の日差しがいつも眩しくて
夢見心地も吹き飛ぶアツアツの珈琲淹れたら
猫舌の私フーフー ささやかな努力しちゃう
隣でまるくオヤスミしてる子猫の名前はポチ だけど

いつだってそういう曖昧なことも忘れちゃうくらいには
迷路 螺旋状の迷宮 宇宙の信号なんて無視して

横断歩道を横断している 子猫こねこに見惚れた視線は
真夏の太陽溶けてくアイスの 落ちる速度は加速度運動
空中ブランコで蹴飛ばした 靴が描く放物線の
真下で逆上がりして変わってく ひと夏の魔法

待ち合わせ場所の交差点で 行き交う人の軌跡を辿って
探し当てたキミの横顔 眩しく照らすネオン
猫目のキミは瞬きばかりしてる それがかわいくて
駆け寄る隣に座る子猫の名前はミケ だから

いつだってそういう適当なことも忘れちゃうくらいには
論理 理論的思考でも 地球の重力なんて無視して

遊覧飛行で空中散歩の 子猫こねこの行き着く視線は
木星金星宇宙の神秘も 吹っ飛ぶくらいの弾道軌道で
机の上に置いた地球儀を グルグル回して七回転半
光速移動で廻る銀河系 真夜中の魔法

天体観測 夜空に飛び立つ 子猫こねこの見つめる視線が
電力オーバー 停電寸前 タイムカプセルで時間遡行する
目覚まし時計のベルを止めて
二度寝三度寝なんてしちゃえば
気になる夢の続きの続きで キミと歩いてく魔法