青春の影

作詞:谷村新司    作曲:谷村新司

風をひきずり今日もまた
くねった路地をくぐりぬけ
路面電車の駅のそば
いつもの店のカウンター

ああ知らぬまに時はすぎ
君の顔さえ忘れそう
いつの日からか憧れた
君と腕くみ歩くのを

今日で終わりと言った君
あの淋しげなまなざしが
心の糸をたぐるのさ
カラカラカラと音をたて

ああ知らぬまに時はすぎ
君の顔さえ忘れそう
いつの日からか憧れた
君と腕くみ歩くのを

周りの人は変らずに
楽しげにコーヒーを飲んでいる

あせた畳の上にさえ
君の匂いがしみている
悔みつづけていることが
青春のしるしだなんて

ああ知らぬまに時はすぎ
君の顔さえ忘れそう
いつの日からか憧れた
君と腕くみ歩くのを

周りの人は変らずに
楽しげにコーヒーを飲んでいる

ああ知らぬまに時はすぎ
君の顔さえ忘れそう
いつの日からか憧れた
君と腕くみ歩くのを

ああ知らぬまに時はすぎ
君の顔さえ忘れそう
いつの日からか憧れた
君と腕くみ歩くのを

ああ知らぬまに時はすぎ
君の顔さえ忘れそう
いつの日からか憧れた......