ハックルベリーの恋

作詞:華月    作曲:華月

ある夏の出来事が僕を変えてしまった
見失った大切な事(きみ)を教えてくれた

僕は「宝」(じぶん)を求めて
独り旅をしてた
何を手に入れても
何か満たされなかった、、、

君に近づいて 君に触れて
君の声を聞いて
僕はわかったんだ
独りじゃなかったんだ
冷たくしちゃったね
わかってほしい「僕」を守りたかった
でも考えが変ったよ 君をつれてゆこう

はじめて話す君はどこか僕に似ていた
きれいな服の下は自由を欲しがっていた

夢の様な時間が過ぎ
君の帰る時間
またすぐ会えるよね
だけど笑顔がつくれない

独りには慣れた僕だったのに
離れるのが嫌だよ、、、
独りが耐えられない 次はいつ会えるの?
僕はこのままかわらないまま
君の側でずっと、、、
時計は止まったまま終わらない冒険を、、、

終わらない冒険を、、、
終わらない冒険を、、、