故郷未だ忘れ難く

作詞:武田鉄矢     作曲:中牟田俊男

東へ走る夜汽車の音に
ついつい誘われ 家を出て
気付いてみたら 一人ぼっちで
見知らぬ街にいた

夢のように流れる月日に
"追われ追われて半歳すぎ"
街の風にも何とか慣れた
ひとりすましていたが

心の中まで吹き込む風が
思い出の風鈴ゆらします

故郷未だ忘れ難く
酒さえ飲まなきゃやさしい親父
故郷未だ忘れ難く
殴られた痛みも忘れました

他人の街の 祭りにうかれ
うかれ うかれて 酒を飲み
有明月の てらす道を
一人ぼっちの子守唄

部屋に帰って 灯りをつけると
あなたからの 手紙がある
忘れかけた 人だからと
なつかしさだけで読み出すと

三年経ったら 帰って来てね
インクの文字が にじんでます

故郷未だ忘れ難く
俺のことなど忘れておくれ
故郷未だ忘れ難く
手紙を抱きしめ 泣きました