天女伝説

作詞:坂口照幸    作曲:弦哲也

幾千年の 夜を超え
遠くの国から 降ってくる
雪はむかしと 同じでも
人間(ひと)はどうして 変わるのでしょう
最初の最初の 姿から
たおやかな 山と川とに抱かれて
ふたりたまゆら 夢の日々
ありがとう あなた
たとえこの身は
東雲(しののめ)の野辺の涯(は)てに 朽ちぬとも
今生(こんじょう)の生命(いのち)の灯明(あかり)で
あなたを照らし続けたい

漆黒の闇 この地から
現し身離れて 天(あま)翔ける
無量無辺の 宇宙まで
人間(ひと)はどうして 破るのでしょう
最後の最後の 約束を
けざやかに 光と影を織りなして
紡ぎきれない 時間(とき)の河
ありがとう あなた
たとえこの身は
西の空遙か翔んで行こうとも
今生の生命の灯明で
あなたを照らし続けたい

ありがとう あなた
たとえこの身は
西の空遙か翔んで行こうとも
今生の生命の灯明で
あなたを照らし続けたい