Rainy princess

作詞:     作曲:エンドウ.(GEEKS) & Hink

薔薇の庭園を抜けて
ずぶ濡れの汚れたRainy cat
宮殿の眩いバスルーム
かわいそうな灰猫ちゃん
宝石を敷き詰め捨ててく
パンがないならブリオッシュ
なんて言った王妃でも
愛情くらいは分かってた
締め上げるコルセット
継母の冷めた視線
世にも美しいその娘は

孤独な金色のプリンセス
誰も近寄れない
装飾を外しても私を見て欲しい
降りしきる雨
誰にもこの声は聞こえない
空へ落ちてくみたい
こんな仮面など誰かにあげてもいい
まやかしのPerfect face

Rainy cat 迷い込んだまま
雨音続くダンスホール
上滑りしていく笑顔と
吐きそうなきついコロン
あれはまた幼い頃
青い目をした妖精
パパとはぐれた樹海で
魔法見せたGenius boy
あの日もこんなふうに
雨が降りしきってた
「いつかボクを思い出すよと」。

孤独な金色のプリンセス
何故忘れていたの
階段を駆け下がりて扉をこじ開け
降りしきり雨
今日ならば Rainy cat抜け道で
ここから連れ出して
誰にも聞こえない雨にかき消され
足跡もつかない

この暗闇を抜け 猫を追いかけ
眩暈の中駆けていく
思い出した 彼のかたわらを
離れない身軽なRainy cat
雨が上がった 夜は終わった
キミの足音が聞こえてる
おかえり金色のプリンセス
ボクのPerfectな仮面