ココロフィルム

作詞:翔太    作曲:KOJI
雨上がりの道歩いて
見つけた水溜り
「こんな気持ちは
どうせ誰にも分かるわけない」と

どこかの映画で見た
セリフ並べて

このココロ隠したまま
平気な顔して歩いてた
足元に映り込んでいた
歪んだ僕の顔が悲しそうに見えてた

モノクロに染めた日々
巻き戻してはそれを繰り返す

あらかじめのセリフも
擦り切れたから

ありのまま隠していた言葉を
スクリーンいっぱいに映し
ココロのままでも
物語は動き始める
立ちすくんでそれでも話した
弱さもいつからか 光になって届いた

悲しみはこの雨が そっと全て洗い流すよ
今からでも遅くないと君が笑った

雨上がり光射し 水溜りの中 空見えた
ここからでも見える虹を探して
今日も新しい物語が始まる