途中までのメロディー

作詞:大西洋平    作曲:佐藤清喜

散らかった思い出は足の踏み場もない
でもそこになにあるか
私には分かってるの
よく聞いたくちぶえは肝心なところで
高い音が出なくて いつも途中まで

水玉の街を抜けて
お気に入りの靴をはき
新しい太陽に照らされて

輝いていたいから 宝物も大切に
洗いたてのハートだけど 汚していいわ
ただ地図がないだけよ
迷子なんかじゃないから
気がつけばうつってた癖で笑われた

ねぇもしも もう少し長く隣いたら
私たちどんな風に今頃なってたのかな?
こっそりと 数えてた 君の頬に浮かぶ
ほくろの数 あれから増えているのかな?

お腹が空くと機嫌が
悪くなってしまうから
からっぽにするなんて
よくないわ

褪せている似顔絵に好きな色ばかり足して
ほんものより弾けている
だけどこれでいい
使わないものだけど
すぐに捨てられないのよ
ちゃんと整理するから
思い出は取っとく

行き先決めずに
だから迷子じゃないの

下手くそなくちぶえや
変な笑われた癖も
5つあった君の頬も
ぜんぶ宝物
使わないものだけど
今は捨てたくないのよ
ちゃんと整理するから
思い出は取っとく
そこで流れてる
途中までのメロディー