KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:DJみそしるとMCごはん    作曲:DJみそしるとMCごはん/S.MATSUMOTO


わたし、ごはん あの子とは
赤ちゃんの頃からの付き合い
さらさらの十倍粥のわたしを
そっと食べた小さなおちょぼ口

「おににが食べたい!」
おにぎりが何より大好物
手づかみでガブッと頬張ると
いつもとびきりの笑顔になった

箸使い、食べるたび練習
わたしを慎重に口にはこぶ
あの子のあの顔、迫りくる顔が
面白くてまいったなぁ

家族がそろう、晩ごはん時
あの子はお茶碗によそう係
お父さんのは大盛りねって
ふわっと盛るのがお上手です

炊けるや 炊けるや
ごはんが炊けるや 炊けるや

年ごろになったあの子
なんだか最近上の空
心ここにあらずの食卓で
どんどんわたし、冷めちゃうよ

おかずは減っていくけれど
なぜ? 置いてけぼりにする?
小鳥のエサみたいな量をちびちび
何にも楽しくないって顔で

あの子のためのお茶碗は
小さな桜の模様入り
自分で選んだお気に入りだけど
ずっと戸棚で眠ってる

何もできず 見守るごはんたち
おっと! そこに

静まり返ったキッチンに
あの子がドタドタやってきた

いいよ いいよ 大丈夫
嵐のように食べたって
全然へっちゃら 大丈夫
おいしい顔できなくたって

本当のあの子は食いしん坊
我慢なんていいことないね
自分に嘘をついたまま
愛されたいなんて無理があるさ

うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや

桜模様のお茶碗がまた
前にように輝きだした
子供の頃から変わらない
あの子の笑顔が大好きさ

ピンポンと鳴るインターホン
急いで玄関に向かうあの子
ははん、食卓の上には
ふたつのお茶碗が伏せてある

うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや

わたし、ごはん r.t.m. SHINCO

KKBOXを起動

作詞:DJみそしるとMCごはん    作曲:DJみそしるとMCごはん/S.MATSUMOTO


わたし、ごはん あの子とは
赤ちゃんの頃からの付き合い
さらさらの十倍粥のわたしを
そっと食べた小さなおちょぼ口

「おににが食べたい!」
おにぎりが何より大好物
手づかみでガブッと頬張ると
いつもとびきりの笑顔になった

箸使い、食べるたび練習
わたしを慎重に口にはこぶ
あの子のあの顔、迫りくる顔が
面白くてまいったなぁ

家族がそろう、晩ごはん時
あの子はお茶碗によそう係
お父さんのは大盛りねって
ふわっと盛るのがお上手です

炊けるや 炊けるや
ごはんが炊けるや 炊けるや

年ごろになったあの子
なんだか最近上の空
心ここにあらずの食卓で
どんどんわたし、冷めちゃうよ

おかずは減っていくけれど
なぜ? 置いてけぼりにする?
小鳥のエサみたいな量をちびちび
何にも楽しくないって顔で

あの子のためのお茶碗は
小さな桜の模様入り
自分で選んだお気に入りだけど
ずっと戸棚で眠ってる

何もできず 見守るごはんたち
おっと! そこに

静まり返ったキッチンに
あの子がドタドタやってきた

いいよ いいよ 大丈夫
嵐のように食べたって
全然へっちゃら 大丈夫
おいしい顔できなくたって

本当のあの子は食いしん坊
我慢なんていいことないね
自分に嘘をついたまま
愛されたいなんて無理があるさ

うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや

桜模様のお茶碗がまた
前にように輝きだした
子供の頃から変わらない
あの子の笑顔が大好きさ

ピンポンと鳴るインターホン
急いで玄関に向かうあの子
ははん、食卓の上には
ふたつのお茶碗が伏せてある

うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや
うっ、泣けるや 泣けるや
ごはんが泣けるや 泣けるや