夢のつづき(1996年7月7日 メルパルクホール東京)

作詞:村下孝蔵    作曲:村下孝蔵

あなたの夢を聞かせて そうしていると
幸せな気分になると 君は笑った
ワイングラスをあふれた 僕達の時間
こぼれてしまった後で ふと気づく

雪の中をかける 小犬のように
帰り道たしかめながら 遠くへ
ひとつ上の愛を 求めたわけじゃない
ひとつ上の恋を 探したわけじゃない

貯金箱につめこんだ 小さな硬貨
取り出そうとこわしたよ まるで子供さ
ほしいもの手に入れても 満たされぬ心
たった一人の自分を かばってる

僕にもたれかかり 海を見ていた
牡丹色の夏の日が 暮れてく

ふたり夢のつづき 歩いていたかった
ふたりこれから先 このままと信じてた

雪の中をかける 小犬のように
帰り道たしかめながら 遠くへ
ひとつ上の愛を 求めたわけじゃない
ひとつ上の恋を 探したわけじゃない

ふたり夢のつづき 歩いていたかった
ふたりこれから先 このままと信じてた