裸身

作詞:山田 ひろし    作曲:北山 陽一

君を こんなにも
近くで見たことがない
息が ふれあうこの距離で
どんな言葉伝えよう?

指が 震えてしまう
生まれたままの君に触れるたびに
僕を 見上げて微笑む瞳の中へ
そっと 降りてゆこう

裸身の愛を抱きしめよう
なにも なにも
いらないのに それでも
きりがないほど君が欲しい
もっと もっと こんなに
君が欲しい

KISSで 探し当ててる
互いの肌に隠されてるものを
君の奥へと 身体のすべて注いで
溶けあおう ひとつになれ

裸身の愛を抱きしめよう
強く 強く
抱きしめよう このまま
愛が僕等を選らんだのさ
奇跡、未来、すべてが

ここから
きっと 始まってく
星座のような 永遠を
つかまえて

裸身の愛を抱きしめよう
なにも なにも
いらないのに それでも
きりがないほど君が欲しい
もっと もっと こんなに
君が欲しい

裸身の愛を抱きしめよう
強く 強く
抱きしめよう
愛が僕等を選らんだなら
何度も 何度も 何度も愛し合おう