夢の箱庭

作詞:相吉志保    作曲:大森俊之

朝もやの中 目覚める世界
木の葉を滑る 生命の雫
言霊たちが 微笑ながら
人の願いを 抱きしめ漂う
蒼い空に今 浮かぶ白い月
流れる雲に 包まれ やがて消える
つぶやきは 風に舞う
唇は 消えて行く
少しづつ 氣付いてる
これは 夢

緑が萌える 安らかな瞬間(とき)
水の薰りは 懐かしい記憶
煌く風は 季節を運ぶ
やがて宇宙(そら)へと 帰って行くでしょう
過ぎて行く日日に 秘めた想いだけ
連れ去る腕に もたれて 涙こぼす
白日に さらされた
秘密さえ 愛しくて
たたずんだ 足下が
溶けてゆく