虚構の光

作詞:石井竜也    作曲:石井竜也 / 松ヶ下宏之

小さな光さえ飲み込む闇が
夢ごと 流れ去っていく
あの頃 なんにも怖くなかった
今では 戻れない二人

不確実な未来 追いかけていたの
現実も忘れてひたすらに

絶望感だけは なんとなく感じ
指先 震えているの

貴方の瞳は私を通り抜け
夢だけ 見ているみたい
時間も命と繋がっているの
それだけ わかって あなた

嘘も受け入れて何もかも信じて
それだけが私のつける嘘

虚構の光でも無いよりはましで
明日は 考えないの

貴方の光は私じゃなくて
心は 影のよう揺れる
愛など忘れ去りその腕の中に
抱きしめられたい

虚構の光 追い求めて
夢でもよかったのに…

小さな光さえ飲み込む闇が
夢ごと 流れ去っていく
あの頃 なんにも怖くなかった
今では 戻れない二人 二人 二人 二人...