時代おくれの酒場

作詞:加藤登紀子    作曲:加藤登紀子
この街には不似合な
時代おくれのこの酒場に
今夜もやって来るのは
ちょっと疲れた男たち
風の寒さをしのばせた
背広姿の男たち

酔いがまわればそれぞれに
唄の一つも飛び出して
唄を唄えば血がさわぐ
せつなさに酔いどれて
気がつけば窓のすきまに
朝の気配がしのびこむ

あーあどこかに何かありそうな
そんな気がして
俺はこんな所についつまでも
いるんじゃないと

この街には住みあきて
俺の女もどこかへ行った
あいつ今頃どこでどうして
どんな男といるんだろう
夢のにがさを知りもせず
夢をさがしているんだろう

あーあどこかに何かありそうな
そんな気がして
俺はこんな所にいつまでも
いるんじゃないと

この街には不似合な
時代おくれのこの酒場に
今夜もやって来るのは
違う明日を待つ男
今夜もやって来るのは
昨日を捨てた男たち