MAR-Z

作詞:はっとり    作曲:はっとり

無理やり繋いだ手から
全部を感じ取れる
加速して見えなくなるまで
きっとずっと溶けかけた骨
僕らまだ飛んでいる
泥だらけの火星でキスしたい

ツギハギ壊れた羽根
本当に飛べるか分からない
あそこの街の灯りは
きっとずっと変わらないで輝いてるんだね
君の声が少し震える

ジャズ・ディスコ、キメてハイアンドロー
丸い窓の外から片目で合図してね

生き抜くまで散るなよ
“それとなく”を愛せる日まで
あらゆる理屈でコジツケてよ
べつに言わないけどね
不安でいたい 揺られていたい

息する真似するなよ
君をまだ終わるなよ

きっとずっと溶けかけた骨
僕らただ飛んでいる
泥だらけの火星でキスしたい
仰ぐ空、少し崩れる