楽曲

ねね太閤記

試聴する フル再生

作詞:木下龍太郎     作曲:宮下健治



城も取れます 男なら
器量ひとつで 戦国は
陰の苦労が 織田様の
お目に止まって 草履(ぞうり)取り
ねねは ねねは ねねは人生
賭けております お前さま

「えゝっ 淀殿に男のお子が生まれたと…
豊臣の家にとっては目出度いことなれど
母になれない女のねねには
それは それは死ぬよりもつらいことにございます。
秀吉殿。」

出世峠を 登りつめ
いまは天下の 太閤様
世継ぎ生(な)せない この身だけ
形ばかりの 北の方
ねねは ねねは ねねは心で
泣いております お前さま

「お前さま 二人で築いた豊臣も
程なく終りにございます。
これでよいのでございます。
ねねには 貧しくとも心寄せ合えた昔の方が
幸せにございました。」

主(あるじ)失くした 豊臣の
旗を引き裂く 関ヶ原
辛いけれども 一代で
枯れて悔いなし 桐の紋
ねねは ねねは ねねは宿命(さだめ)と
決めております お前さま