半信半疑

作詞:秋元 康    作曲:春行
編曲:春行、hruk.

愛想いいタイプじゃない
わかって欲しいと思わない
気づいたら いつからか
1人が一番 楽だった
前髪が長いのは
自分の視線を隠したい
ほっといて向こう行って
私はここにいないんだ

突然 告白されても
1mmだって信じられない
目の前を塞いでる
でっかい肩幅が邪魔なだけだし

半信半疑で愛し合ったって
いいことなんかない
誰でもよかったそういうことでしょ?
どうでもいいけど
半信半疑で見つめ合ったって
ねえ 何が伝わるの?
ホントの気持ちを教えてちょうだい
話はそれから
ああ 恋愛をするって 面倒

そんな目で見たことない
その他大勢のその1人
特別じゃないんだよ
何も感情 感じない
干渉をされるのが
大嫌いだって言いながら
この胸の片隅は
誰かの影を求めてる

偶然 会ったかのように
駅のホームで待ち伏せされて
家までの方向が
一緒だって言い訳が受け付けない

シナリオ通りに思えてしまうの
計算してるでしょ?
ああしてこうしてそうすればこうなる
疑い深いのよ
シナリオ通りに展開したくない
そう 抵抗してしまう
何かがざわつく
自分の第六感信じたくなる
ああ 心で鳴り響くアラート

半信半疑は防衛本能
傷つきたくない
初めての恋は臆病すぎるの
チャンスが逃げても…

半信半疑で愛し合ったって
いいことなんかない
誰でもよかったそういうことでしょ?
どうでもいいけど
半信半疑で見つめ合ったって
ねえ 何が伝わるの?
ホントの気持ちを教えてちょうだい
話はそれから
ああ 恋愛をするって 面倒