風と小説

作詞:寺尾紗穂    作曲:寺尾紗穂

桐の花
咲き始めの
匂いたつのは
あの物語

若すぎて
読み飛ばしてた
行間を今は
感じてる

その心強さだけで飛び立てそう
あなたを離れることさえも
魔法のようなたやすさで
五月の風がふきぬけた

時には旅に
でなくちゃね
知らない景色
身を任せ

曳舟の灯が
ともるころ
小高い丘に
のぼろうよ

自由な心で飛びたてよ
ひとりぼっちの道でさえ
魔法のような瞬間に
吹く海風がささやいた