宇治川哀歌

作詞:秋浩二    作曲:杉本真人

遣り水さらさら蛍が飛び交う
闇を走ってあなたに会いに行く
これが最後ですあなたに抱かれたら
何処かへわたしは消えてゆきます
風が冷たくなりました
もうすぐ秋ですね
話しかけてもきっとあなたは
何も変わらない
白い単衣の帯紐しめて
明朝はたちます 霧の中

辛いわこの恋ふたりのひとを
愛するなんてわたしには出来ません
心魅かれても辿れぬ愛だから
今からわたしはさよならします
恋は宇治川に流されて
もうすぐ冬ですね
水の瀬音に耳を澄ませば
なみだ溢れます
過ぎた想い出捲り捲って
夢が散ります 隠れ里

恋は宇治川に流されて
もうすぐ冬ですね
空を見上げりゃ雲が乱れて
胸が騒ぎます
あなた恋しいあなた恋しい
つのる心に 雪が舞う