ひとさし指のメロディ

作詞:いしわたり淳治    作曲:紗希
笑顔はみんなのものなの
だからすぐに消えてくのね
分け合うつもりもないのに いつも

かなしみは誰もいらない
だから胸の中に今も
消えないで残っているの ずっと

ひとりピアノに
冷たく座り君がつぶやく
指一つでたどる
なつかしい歌 かなしい音だね

つまずきながらも
進んでいくメロディ
まるで君みたいだよと
言いかけて僕は何も言えず

さよならは誰もくれない
だからさみしい夜はいまも
目を閉じれば会いにくるの いつも

ひとりピアノに
問いかけるように君がつぶやく
指ひとつでたどる思い出の歌
さみしい音だね

つまずきながらも
進んでいくメロディ
こんな歌もあったねと
目を閉じた君の指が止まる

細い指ひとつで
紡いでいくメロディ
音になりそびれた音ひとしずく
頬をこぼれ落ちて

つまずきながらも
進んでいくメロディ
まるで君みたいだよと
微笑んだ僕を君が笑う