作詞:小渕健太郎    作曲:小渕健太郎
閉じた傘の先っぽで 曇り空なぞったアーチ
このくすんだ世界に 誰か素敵な色を足してくれないか?
雨上がりの街に 飛び交う 希望の粒子を
吸い込んだ 春の日差しが集めた 七色のイオン

もうすぐ君は 旅立ちの時 その心 締め付ける
不安や迷いを解く 光のような言葉 僕は 見つけられるのかな?

遠ければ遠いほど 鮮やかな虹の色
心の果てに 描いた夢は 今も 夢のまま
近づけば近づくほど 見えなくなってゆくけれど
消えたんじゃない 光の中に 君は 今 包まれているから

3色のクレヨンで 何だって描けたのに
100色の絵の具 目の前に 被写体が決まらない

この瞳が忘れた色 探して 屋上で一人眺める空に
愛よりもっと深い 夢より強い 色を 僕等 見つけられるのかな?

遠くまで届くのは 悲しみ越えたメロディー
瞳 閉じれば 心のドアとドアで 繋がってる
いつまでも忘れない 喜び満ち溢れた日々
消えたんじゃない 記憶の中に 君との想い出並べ 生きてる

遠ければ遠いほど 鮮やかな虹の色
心の果てに 描いた夢は 今も あの虹のように掴めぬまま
近づけば近づくほど 見えなくなってゆくけれど
消えたんじゃない 光の中に 君は 今 包まれているから
ただ一筋の願いが 無限の想いを乗せて
透明な 虹をかけてる