くだらnation

作詞:岩渕想太    作曲:岩渕想太

くだらねえよ 大マジに
吊るし上げばっかのTVショー
お揃いの防弾チョッキ
身につけてりゃ大丈夫さ

頭ヘンになっちゃったあのアイドルを
つまみにして
飲み明かす永遠に
「何事もない」日々が過ぎてく

Oh 「優しいんだね」って言われ飽きて
飛び込んだベッド
「真面目か」は?
お前に合わせてんだ
言葉にゃできぬ何かが弾けだす

部屋を飛び出せ
世界をほら引きずり回せ
「そんなもんくだらねえ」と 嘆いてみても
嫌われないように誰かを演じてる

もうどうなってもいいなんて
諦めた夜もあったな
書き換えられたラブレター
俺は何を信じりゃいい?

着せられた洋服は似合わないぜ
そう でもクラシック
想像力の行き先は喧嘩してちゃ
見当たらないだろう

Oh 愛想笑い見抜いたその目が痛いな

部屋を飛び出せ
世界をほら引きずり回せ
誰もいない朝焼けがあまりに怖くて
革命の言葉も丸めて投げ捨てた

毒殺されたプロフィール
犯人はどこにいる
遥か遠く銀河まで向かう
俺を探すmaze
目立つことが怖いから
口に張ったテープ
むごく漂流する
くだらnation

そうか俺は俺であることにしがみついてた

何か余計なものまで背負い込んでしまってた
辛口ソースの原材料は砂糖
みたいな驚きがこの星にゃ沢山あるらしい

「大丈夫何とかなるよ」って歌は
全部嘘っぱちさ
無理に安心すんなよな

部屋を飛び出せ
世界をほら引きずり回せ
恥ずかしくても胸張れる大きな夢を
ちょっとくらい遅れても待ってるからさ

砂漠で踊れ
世界一優雅に笑え
冷たくて張り詰めた日々に
心のこもったジョークがあればいい