白昼夢

作詞:松尾レミ    作曲:松尾レミ

グラスの中 陽射し浴びて 泡光れば
魚たちが嬉しそうに泳ぎ キスする

何もない午後はいつも
幸せで眠たくなるから

いつの間にか白昼夢の中
くるり回る甘い雲の上
目覚めるまで

風見鶏が高い声で歌うたえば
蝶の群れは羽を広げ波に乗るの

まるで御伽の様だわ
どこまでも不思議な世界へ

気が付いたら白昼夢の中
きらり落ちた星を食べ歩く
ステップ踏んで

いつの間にか白昼夢の中
くるり回る甘い雲の上
目覚めるまで