大江戸爆裂花火姫

作詞:     作曲:

月の灯り 差した 城下町
走るおてんば姫

家来達にばれないように城の外へ
あの人に会いたくて抜け出したけど
見つけても見てるだけ花火が照らす

打ちあがれ夜空を爆裂に
とじこめた想い

今日だけはひとりの乙女へと
止められないほど
恋しい

武士に百姓町人 橋の上
ごった返してる
押し出されて目の前に
あなたがいた

このキモチ言いたくて
街に出たけど
何ひとつ話せない
花火が響く

燃え上がれ何度も爆裂に
隠してた想い
今日だけはひとりの乙女へと
苦しくなるほど
恋しい

導火線に火がついた後は
誰にだって止められない

咲いておくれ大輪の華よキミと恋の花火
あの日から見ていたキミのこと遠くから ずっと
叶わない恋でも譲れない諦めることもできない

打ちあがれ夜空を爆裂に
とじこめた想い
今日だけはひとりの乙女へと
止められないほど恋しい