渚へ

作詞:松本隆    作曲:村田和人
波に逆らって
帰れないくらい遠く泳ぐ
ゆるい背泳で
太陽にしぶき飛ばして

もう君は岸辺の点
声も届かない

ゆらゆら渚へと漂うと
君の手に抱かれるようさ
心は透き通る深い青
君なしで生きては行けない

何度離れても
くっついてしまうぼくたちだね
タオル振りながら
待つ影にターンしようか

泳げない君と二人
終わらない季節

たとえば漂流をしてる時
一枚の板しかなけりゃ
君へとよろこんで譲るだろう
男ってそういうものだよ

腕を上げ息吸うたび
青空が揺れた

ゆらゆら渚へと漂うと
君の手に抱かれるようさ
心は透き通る深い青
君なしで生きては行けない

君なしで生きては行けない