回送

作詞:長澤知之    作曲:長澤知之

僕は町を出たんだ もう嫌になったんだ
千羽鶴を折るように歩む生活の往来に
朝までファストフードで
知らない人たちの日本語を聞きながら
バックパックを抱いて寝る 夢を見るまで夢を見る

バスに乗って行くんだ 窓の外を見つめてた
中央分離帯でガラスの破片が僕に煌めいた
でもどうしようもないんだ この歌が言い逃れに堕ちぬよう
絶対を見つけるまで ひなたぼっこなんてないんだ

何日も何十日も雲のように漂って
辞めやすいバイトを転々として理由を探してたけど
ある人は「無いよ。」と言って 見下すように話題を変えて
ある人は「有るよ。」と言って白装束に着替えだした
天国のテールライト 天国のテールライトを
追いかけるグルーピーとシスターと老人とロックンローラーと猿
ノックの無いヒッピーの末路を信じてやまない猫背のロウティーン
町を出るんだ 絶えず飢え渇くんだ

僕らは遠未来の昔話かい? 此処はお伽話? 全て夢かい?

この頃いつも同じ空を繰り返し顧みてるのさ
それは東にも西にも南にも北にも無い ただ 遠い空
ああ 何一つ見えちゃいないのに
さもありなんと鼓動してるんだ
それは時計の針のように 確かに ほら 確かに

何日も何十日も雲のように漂って
辞めやすいバイトを転々として理由を探してたけど
ある日 ある娘と会って また嫌になったんだ
それまでの世界にもこの歌にも白けてしまって

僕は愛情を知った 君を守りたくなった
お金に代えられないもののためにお金にへばりついた
僕が戻って行った
諦めと忘却と千羽鶴を折るように歩む生活の往来に

でも この頃いつも同じ空を 繰り返し顧みてるのさ
それは此処にも何処にも無い
かといって無いわけでも無い 遠い空
ああ 何にも分かっていないのに
さもありなんと鼓動してるんだ
それは時計の針のように 確かに ほら 確かに

夢の話 全て夢さ
あの白い嘘も鐘の音も誓約もその涙も
夢の話 全て夢さ 何もかも在りませんでした
ただのファンタジーでした

この頃いつも同じ空を繰り返し顧みてるのさ
それは東にも西にも南にも北にも無い ただ 遠い空
まだ 何一つ見えちゃいないのに
さもありなんと鼓動してるんだ
それは時計の針のように 確かに ほら 確かに

夢を見るまで夢を見る 夢を見るまで夢を見る