嘆美なる死の憧憬
収録アルバム
アーティスト
Kagrra,
リリース月

嘆美なる死の憧憬

作詞:一志    作曲:kagrra,
僕のすべてはどこから来たのか
僕のすべてはどこに還るのか
判らないまま月は照り そして明日に怯える無情の日々
生きる為にこの命 捧げる僕にもう一度自由の羽を、、、。
瞳を閉じれば七色の海が心まで沁み渡るいつまでも
いま もしも願いが叶うなら永遠のやすらぎを、、、。

人は時折道を誤って 大切な者見失うけれど
その導さえ孤独な僕には 歩む力も有りはしない
誰かがその昔説いた
眉唾の正義じゃ空へ飛び立てないよ、、、。
瞳を閉じれば七色の海が心まで沁み渡るいつまでも
いま もしも願いが叶うなら永遠のやすらぎを、、、

そうさ 僕は負ける訳じゃない 笑っているよ
瞳を閉じれば七色の海が心まで沁み渡るいつまでも
いま もしも願いが叶うなら誰かに聴いて欲しいこの声を
瞳を閉じれば七色の海が心まで沁み渡るいつまでも
いま もしも願いが叶うなら永遠のやすらぎを、、、。