始発が導く幸福論

作詞:藤原聡    作曲:藤原聡

夜明け並に冷たい風が冴え渡った
腰掛けたベンチかすめる明け方のプラットフォーム
長いことここにいたようにもとれる影は
実は風前の灯火と 二人は知っていた

数分もすれば暗がりから出てくるあいつは鉛の塊
鋭いスピードでやって来る

そうやって始発が君をさらってく
何気なく肩に力入れ
まあいっか…またいつか…
人前ではそう言い切れるのに
幸せって思いがあるから
心はそれに酔いしれていたから
素直じゃない僕をなんとか丸め込んだ

季節は巡って 薄着で出歩くころ
同じようにして訪れる明け方のプラットフォーム
またあいつが仰々しい音立ててやってきた
君は慣れた素振りで軽々腰をあげたんだ

繰り返していれば
徐々に僕もすらり言えるはずだったんだ
「またね」遮るようにして閉まるドア

またもや始発が君をさらってく
泣かないって決めてたはずなのに
見送った 手を振った
なんと情けない顔を伏せた
幸せって思い出なんかより
君をあと一度だけぎゅっとしときゃ良かったな
振り返ればトンネルに消えていった

アーティスティックに切り取られた思い出は
今や気休め以下になっていた
諦め悪かった僕もついに愛想を尽かし
一足遅れの後悔だけがそっと寄り添った

いつもそうなんだ懲りないんだ
いなくなってから追いかけるんだ
ぎゅっとしたかった相手は
始発が連れてった
そんなもんなんだ
この涙が幸せって証と思えばまだ
頭の悪い僕でさえ
とりあえず落ち着くかな?
そう思う努力をしてるんだけど
まだまだだめなんだ
まだまだだめなんだ

幸せって思い出なんかより
君をあと一度だけぎゅっと
幸せって思い出なんかより