ブルーアルバム

作詞:平井 拓郎    作曲:平井 拓郎

少し湿る黒髪 畦道生ける森の匂いと
身長差気になる 問い解けてく宿題模様
居なくなった友達 バスは片道しか出ていないようで
「明日はきっと行く」繰り返し経つ時の流れも

「会いたくなったらいつでも」
そう言って突き放す僕の事を
親友よりも近く他人よりも遠く映る人

近過ぎても駄目 遠過ぎても駄目
一つ言い訳を積み上げて
書きたいのはこんな歌だったっけ
そんなこと書き終えれば分かる
正しいことだけじゃ間違えるし
綺麗なことだけじゃ汚れるし
教わったのはこんな歌だったっけ
そんなこと書かなくても分かる

会いたくなったとどうしても
言えないので君に貸すWEEZERの青
「一曲目が好き」その声と共に鳴る

昔居た人と今居る人
きっと僕の中で積み上る
愛したいのはこんな人だったっけ
そんなこと誰よりも分かる
真面目なだけじゃ笑われてしまうし
丈夫なだけじゃ壊れるし
受け継いだのはこんな歌だったっけ
そんなこと死ぬ頃に分かる

でもそんなこと死ななくても分かる