冬のひまわり

作詞:米倉千尋    作曲:米倉千尋
僕は何を信じればいい…
ため息は白くなって 足元にこぼれる

両手 ポケットに入れたまま歩いてた
どんな未来も作れると そう信じていた

忘れられた公衆電話 小さな屋根の灯り ぼんやりと見つめる

静かに夜が更けてゆくと 僕は君を思いだす
そうずっと 変わらない温もりがそこにあること 聞こえるここにいるから

長い冬がまたやってきて
遠いあの町はもう 白く白く包まれたかな

雪のホームから見えた 君は一人ぼっち 小さく手を振ってた

凍える両手広げて いま僕は君を抱きしめる
そういつか いつの日かあの場所へきっと帰ろう

静かに夜が更けてゆくと 僕は君を思いだす
そうずっと 変わらない温もりがそこにあること
僕はもう一度 もう一度だけ…

凍える両手広げて いま僕は君を抱きしめる
そういつか 君の待つあの場所へきっと帰ろう そしてそばにいるから