ヒカリトカゲ

作詞:CLIEVY    作曲:CLIEVY

どんな時 なにがきっかけで
僕は恋に落ちていたんだろう
まえぶれもなく ごく自然に
頭の中には 君がいる

ダレカヲ想フ 気持ちが光ならば
苦しくて つらいのが 光の影
光は強くなるほど
影は色濃く僕の後ろ側をついてくる

ありふれた日々の中に 差し込む光
想えば強く想うほど
涙を運ぶ影になるよ
苦しくて…悲しくてもう…
涙がこみ上げてくる
見慣れた僕の住む街で みつけたヒカリトカゲ

僕らをつなぐ糸を断ち切れたなら
逃げ出して今すぐ楽になるの?
光が強くなるほど
僕は戸惑い
悩み、暗闇に迷い込む

ありふれた日々の中に 差し込む光
想えば強く想うほど
涙を運ぶ影になるよ
恋しくて 何をしても
涙は込み上げてくる
離れた君の住む街で見つけたヒカリトカゲ
想いが何度切れても再生する(なおせる)僕はトカゲ