セブンスコード

作詞:秋元康    作曲:渡辺淳

砂の丘の上で
僕はずっと君のことを待っていたんだ
空に手を翳(かざ)して
風には色があるって いつか言ってたね

気にしなかった
君のどうでもいいつぶやきに
意味があった
目に見えるものは
世界の一部だってこと
教えられた

だから 瞼(まぶた)を閉じて
僕は見ようとしてる
そう本当に大切な
あの地平線

悲しみなら忘れられるけど
愛はなかなか消えやしないよ
僕が死んで灰になっても
愛しさはセブンスコード

スニーカーから
知らぬ間に溜まった思い出と
砂を出して
空っぽにすれば
昨日までの歩き方より
楽だろうか

君を抱きしめた時の
体温 覚えているよ
あれはたぶん 燻(くすぶ)った
そう情熱さ

やさしさなら拒否できるけど
愛はいつでも受け入れるだけ
不安定な想いのように
あの日からセブンスコード

風車の羽根が
回り
青い空を
掻き混ぜている
風は
光の中で
何色に変わったのか
僕たち…

悲しみなら忘れられるけど
愛はなかなか消えやしないよ
僕が死んで灰になっても
愛しさはセブンスコード

孤独とはセブンスコード