天文薄明の街へ

作詞:watai shota     作曲:saiki kohei/watai shota

光を失くした街にはまた夜が訪れた
逸れた月を捜して 空を仰いでる
あぁ 少女は胸に抱えた薔薇の花束を
落としてしまったよ
溢れた涙を拭いていた

醒めた夢と気付く頃には 空の掌

はぁ 夜の向こうへと思い馳せても
確かなものは何一つ無かった
さよならも言えぬまま 忘れてしまうなら
明かりを灯す意味はどこにあるのだろうか

重ねた手と手で誓いの旗を丘に立てた夜
言葉を失くして ただ街を見下ろしてる
あぁ 少女は胸に抱えた薔薇の花束を
手向けて 祈る様に 月を見てその目を閉じた

冷えた頬が赤くなるまで 立ち尽くしていた

夜を越えたら 胸の痛みも
解けて空へ溶けていくか
置き去りにされたまま忘れてしまっていた
悲しみも共に連れて行けよ
思い出す前に

「醒めた夢はどこへ消えたの?」

誰もがその先を信じて疑えない
目を覚ませば夜は明けると誰が決めただろう

はぁ 夜の向こうへとその身を燃やして
迎えた そこで何を知ろうと
さよなら 夜を越えて わたしは捜していた
誰もがその胸に灯した 確かな光を