蛍火

作詞:星野奏子    作曲:星野奏子
写真の中の 寄り添う二人
心離も知らずに 微笑みかけてる

昨日と同じ 明日でもいい
あなたがいるから私でいられた

巡る季節が二人を そっと目隠しした
手探りで愛してた
ひたむきな日々 愛しくて

あの夏の日 煌めく蛍火が 雨上がり燈る
優しい笑顔を照らし出すから 二人迷わぬように

深い海の底で さまよう光
あなたのその目で見つけてほしいの

描く未来が二人を そっと引き裂いても
手放しで愛したい
これからの日々 どこまでも

あの夏の夜 揺らめく蛍火が 今心燈す
悲しい言葉を照らし出しても 二人離れぬように

あの夏の日 煌めく蛍火が 雨上がり燈る
優しい笑顔を照らし出すから
迷わぬように 離れぬように

あの夏の夜 揺らめく蛍火が 今心燈す
悲しい言葉を照らし出しても 二人離れぬように