Nightfever

作詞:下岡晃    作曲:アナログフィッシュ

週末の道路はまるで濁流のよう
ただのみ込まれ流されてくだけさ
テールランプがまるで走馬灯のように
いくつかの記憶を運び込み運んでは去る
夜空は年々深さを増し
いつか僕はのみ込まれてしまうよ
センターラインはどこにある
そしてそのどちら側に君は立つ

行き先もなく出口もなく答えもなく
ただ張られたロープの上で
誰かに出会い別れ泣き笑い
今ただ君に会いたいって思ったよ
行き先もなく出口も答えも理由もなく
張られたロープの上で
僕らは出会い別れ泣き笑い
今ただ君に会いたいって思ったよ

10年前もそんな事言っていた気がする
20年前もそんな事言っていた気がする
それなりになにか手に入れたつもりだったけど
それだってただの勘違いなのかもしれない
CPUは誰も愛さない
確率は今を知らない
時間は待ってはくれない
他人は変わってはくれない
センターラインはどこにある
そしてそのどちら側をどう歩く

行き先もなく出口もなく答えもなく
ただ張られたロープの上で
誰かに出会い別れ泣き笑い
今ただ君に会いたいって思ったよ
行き先もなく出口も答えも理由もなく
張られたロープの上で
僕らは出会い別れ泣き笑い
今ただ君に会いたいって思ったよ

Nightfeverが覚める頃街は朝の中
Nightfeverが覚める頃君は夢の中

Nightfeverが覚める頃街は朝の中
Nightfeverが覚める頃君は夢の中

このままどこかへ行ってしまおうか
それともやっぱり家へ帰ろうか
でもしばらくここでこうしていたいな
熱が冷めるまで夜風に吹かれて
僕らはなんで空を飛べないんだ
あなたはなんでここにいないんだ
センターラインはどこにある?
センターラインはどこにある?

行き先もなく出口もなく答えもなく
ただ張られたロープの上で
誰かに出会い別れ泣き笑い
今ただ君に会いたいって思ったよ
行き先もなく出口も答えも理由もなく
張られたロープの上で
僕らは出会い別れ泣き笑い
すごくただ君に会いたいって思ったよ

Nightfeverが覚める頃街は朝の中
Nightfeverが覚める頃君は夢の中

Nightfeverが覚める頃街は朝の中
Nightfeverが覚める頃君は夢の中
Nightfever
Nightfeverが覚める頃君は夢の中