ミミズ

作詞:majiko    作曲:majiko

焼けるような熱さの中で
手当たり次第もがく僕が
何て呼ばれているか知ってるかい
上手く笑えそうもないな

乾涸びるとわかっているのに
どうして僕ら足掻くんだろう
黒くなって朽ち果てるとき
悔やまないと言えるかな

ビルがいつも早足で
真反対へ歩いてく
いつから僕は僕の事
わからなくなったんだろう

不安定な僕は足下おぼつかない
泣きたいときですら誰もいやしない
薬疹の跡は、未だに治らない
食い締める歯、残る泥の味

這いつくばりながらも
切に進もうとする僕を
人はまるで全知全能のように
踏みつぶして歩いていく

尽くせば重いと言われ
離れたら冷たいと言われ
「もういい。」
スピードを上げても
赤になれば止まるんだもんな

太陽は嫌い、何も知らずに
「頑張れ。」とかいう誰かみたいだ
苦いのは嫌い、けれど、それでも
長くは続かない夢の足しにして

痛みを隠すのが強さなら
強い人なんてなれなくていい
自分を殺すのが優しさなら
優しい人なんかなれなくていいよ

不安定な僕は足下おぼつかない
泣きたいときですら誰もいやしない
茶色い傷跡、一生治らない
けど、僕は今まで生きてきたから

生きてきたんだ

浮腫んだ顔、髪で隠した
「頑張ったね。」
って...言い慣れたように
だけど、あれ、なんでかなぁ
涙、溢れて止まりゃしないや