海を見つめて

作詞:鈴木康博    作曲:鈴木康博

白い光ちりばめて渚が続いてる
彼方の水面を見つめて 今時を戻す

あの頃この渚で汐風に吹かれ
私はひとり愛を誓った
例え実らなくても
悔やみはしないと

あなたをそばにして その手にふれる
ことばはもういらない 空しく響くから

男と女はそれがすべてだろう
やさしさとか思いやりは
ただなぐさめにすぎない

足もとに寄せる波 小石がさらわれてゆく
ああ燃えつきた心の中で
あなたが消えてゆくよ
未練などもうないさ

この風 この香り 今私には
なつかしさがよこぎる
ただそれだけ
それでいいのさ

あなたをそばにして その手にふれる
ことばはもういらない 空しく響くから

男と女はそれがすべてだろう
やさしさとか思いやりは
ただなぐさめにすぎない