春うらら

作詞:最首としみつ・中里綴    作曲:田山雅充
みぞれ混りの 春の宵
二人コタツに くるまって
ふれあう素足が ほてりほてり
誘いかけよか 待ってよか

さてさてトランプ 占いは
ならぬ悲恋と でてきたよ
ここで煙草を ぷかりぷかり
君は目頭 赤くして

ああ……ああ 春うらら
ああ……ああ 溶け合って

窓を誰かが 叩いてる
君はこわごわ のぞき込み
ヤカン煮立って カタリカタリ
笑いころげて 腕の中

まだまだ小さい 君の胸
僕の手のひら 大きいよ
くらべてみようか そろりそろり
君は耳たぶ 熱くして

ああ…ああ 春うらら
ああ…ああ 溶け合って

耳をすませば 風に乗り
街は祭りの 初稽古
浮かれ囃子が ひゃらりひゃらり
夢は突然 立ち止まる

今夜もおふとん 一組で
君と僕とで 抱き合えば
冷たい肌も ぽかりぽかり
二人も一度 夢の国

ああ……ああ 春うらら
闇の中に漂う二人
ああ……ああ 溶け合って
朝の来るのも 忘れそう
ああ……ああ……