黒髪

作詞:池田 充男    作曲:西條 キロク

ながい黒髪 まかせることは
女にとって 命あずけた 証です
一生一度のネェ 恋ならわたし
もえてきれいに ほろびたい

化粧している 鏡の顔が
にじんでゆれて いつかあなたの顔になる
今日もせつないネェ この衿あたり
きっと受けます 唇を

逢えばそれだけ 苦しむものを
我慢の糸が きれて二夜は待てないの
よわい女とネェ 見ないでほしい
風に恥らう ほつれ髪