夢見の森

作詞:熊木杏里    作曲:熊木杏里

幸せに星がひとつ
微笑みに涙ふたつ
夜空の傍ら いつもの訪問者

心に帳がおりたら
帰らな人になるから

誰かの見ている夢に生きたくはない
つぶやいた吐息に寒さと手をつないで

人生はいつから
自分だけのためじゃなくなるんだろう
今はまだ届かない夢も見る
ねぇ それは幸せなことだろう

この腕で持てるものが
思いからって遠慮する

笠をかぶった木の葉が笑い顏
足りないくらいでいい 静かに待っている

無心の命あるものに
“幸せ”の意味を問えたなら
夢見の森は鮮やか
この目にもそう映るのかい

時に今 白い雪の声
聞こえない 左胸がサイレン
帰宅後の心はどこか
外気に魅せられているから

時に雨 白い雪の声
共に響け 左胸がサイレン
伴わたい猩猩たちが
うつつの笛を吹いている