魔法の鏡 (feat. 鏡音リン、鏡音レン)

作詞:ひとしずくP     作曲:ひとしずくP
天井裏の 狭い小さな部屋
そこには誰も 訪れたことはない
孤独な世界の真ん中で そっと
幸せを夢見てる 儚い少女

ある日のことです
古ぼけた鏡に 突然映った少年の姿
魔法使いと名乗ったその人は
私にそっくりな 笑顔で笑う

廻り始めた運命 変わり出す日常
初めてできた、「友達」って呼んでいいの!?
戸惑いながら鏡越し 重ねた瞬間に始まる
魔法の時間 「名前を呼んで?」

触れたその手から 伝わる君の声
暖かくて、不意に涙がこぼれ落ちた
このままでずっと 握っていていいの?
寂しい世界で一人 ずっとずっと、待っていた
鏡の向こうの 優しい手

魔法使いは 全て叶えてくれた
病気は治って 歩けるようになった
長く続いた 戦争も終わって
静かなこの部屋に 笑いが増えた

昔夢に見た 幼い日の記憶
素敵なお城で私はお姫様
懐かしいくらいに 鮮やかに覚えてる
今では、それさえも 現実になる

夢見た願いは 全て叶えてもらった
だけど今、何かが足りないと感じてる
それは今目の前にいる あなたにしかできない、【魔法】
「この手をずっと、離さないでいて・・・」

このままで ずっといられますようにと
他の誰でもない、あなたに願うから
だから、今すぐに 此処に会いに来て
寂しくて眠れないよ 優しく名前を呼んで?
いつでも、私は待ってるよ

魔法の時は早すぎて
孤独な少女の【夢】は現実になる
「もう、行かなくちゃ・・・」 「行かないで」
「魔法が、解けてしまう」
「お別れ言わなくちゃ」 「言わないで・・・」
「お願いだから、泣かないで」 「行かないで」

鏡の向こうは 【全て逆の世界】
決して交わらない 逆さ合わせの【運命(さだめ)】
「君がくれたもの、僕は返すだけ」
君の笑顔も涙も 僕はずっと忘れないよ
だから君も僕の事
どうかずっと 忘れないで

このままでずっと いられたらよかった
魔法なんてなくても あなたの側に居たい
だから、もう一度此処に会いに来て
古ぼけたこの鏡を いつも磨いて待ってる
どんなに時が経っても
ずっと君をただ

待ってる