ツクヨミ

作詞:YUMIKO     作曲:小内喜文

本当は大切なモノほど僕らは
失って はじめて 気づくものだね

まだ間に合う このままじゃ
自分に嘘ついたまま
言い聞かす毎日に
できやしなくて

夜空見上げ確かめる
もう一度 逢いたい

明日もあさっても100年経っても
ずっと君を想ってるから
どうか遠くで1人泣いたり
しないようにと 僕は祈るよ

つまらない 強がりも
いたずらな わがままも
涙に濡れた笑顔も 他にないのに

ガラクタに紛れて
遠ざけたでも気づけば
ひたすらに その姿探していたよ

染みついた恋の記憶は
僕を離さなくて

読み解く空に 見つけた月は
いくつもの顔を みせていたね
儚い調べは いつの時代も
いくつもの声を導くだろう
また二人が巡りあうように

「ナクシタモノハナンデスカ?」

世界の暗闇を 切り裂く月の光
あたる場所で人は 何を迷うだろう
君を (この腕) 抱きたい (願った)

明日もあさっても100年経っても
ずっと君を愛したいから
どうか1人で君が泣いたり
しないようにと僕は祈るよ
きっと最高の笑顔でいて

月明かり 誘われて
逸(はや)る心 走り出す
またここで 逢うなんて
思ってなかった…