Nothing Spirit

作詞:光岡昌美    作曲:奥田もとい

ずっと何も知らない顔をしてきた
その方が幸せだと思っていたから
目に見えるものばかりをいつも信じては
何よりも大事なもの遠ざけてきた

きっと笑顔なんて似合わなかった
側にいる誰かのその声も
信じてみることさえ恐かった
いつでも逃げ道を探し続けてた

ねぇ いつになったら笑えるの?
ねぇ いつになったら本当の笑顔で笑ってもいいの?
どんなに笑顔でいたって心は笑えなくなっていた

きっと強さだけじゃなくていつかまっすぐに
前を向いて歩く為に弱さも必要
あの頃も不器用すぎて手にしたものさえ
その全て何もかもが消えていたんだ

人は誰もが痛みを抱えて
ひとりきりで生きていくんだね
大人になって行くほどに増えてきた
傷さえ癒せる場所も見えないまま

ねぇ いつになったら泣いていい?
ねぇ いつになったら本当の涙を流してもいいの?

ねぇ いつになったら信じていい?
ねぇ いつになったら本当の明日を信じてもいいの?

疑うことで自分を守ろうとしてばかりいた
信じることで最初の光が見えることも知らずに

ねぇ いつになったら笑えるの?
ねぇ いつになったら本当の笑顔で笑ってもいいの?

ねぇ いつになったら泣いていい?
ねぇ いつになったら本当の涙を流してもいいの? 明日を信じてもいいの?

疑うことで自分を守ろうとしてばかりいた
信じることで最初の光が見えることも知らず