東京シュノーケル (feat. nicamoq)

作詞:Yunomi    作曲:Yunomi

ほら、こんな晴れた
日は丘に登り見に行こうよ
水平線の煌めく彼方に
頭を浮かべてるタワー

四十日の嵐はやがて
洪水へと変わった
街は洗い流されて沈んだ
ここの人も土に変えた

僕らふたりぼっち平らな世界の真中ん
魚のように海の底眠る思い出の上泳ぐ

息苦しい世界でも良かったなぁ、なんて
君はシュノーケルをつけて笑うサンデー
サンデー

黄昏ぽつりぽつり水面下で火を灯す
街灯を見下ろせる丘で今日は静かに閉じてゆく

僕らの記憶はどこまで
受け継がれて途切れるのかな
海の底眠る思い出はただ光る
消えてしまわめように、
忘れないようにと泡の中揺らいだ
今は誰も通らない道を繋いで

もし明日晴れたら山を越えようか
まだ知らない街を見に行くのもいいな
息苦しい思い出を抱きしめてサムデイ
穏やかな未来を夢見て ああ、眠る
サンデー

サンデー
サンデー