裏町酒場

作詞:さいとう大三    作曲:竜鉄也
雨にぬれてる 赤い灯が
俺にゃ似合いの 裏町酒場
泣いているのか あの唄も
酔えばおまえの 声になる
よせよいまさら あゝひとり酒

肩を並べて 飲む夜が
俺とおまえの 幸せだった
夢を落とした盃を
そっと笑って飲んでいた
思い出すのさ あゝひとり酒

いつかおまえと みちづれに
俺はなろうと 思ったものを
箸の袋に 別れ文字
書いて残して どこ行った
馬鹿な奴だよ あゝひとり酒