黄昏Summer Memories

作詞: HISATOMI    作曲:HISATOMI/HiDEX/Stephen “The Genius“ McGregor

なぁ今でも憶えているか?
夕陽に染められた琥珀色の海
濡れた髪を乾かすほのかに暖かい風
聴こえてくるのは心地良い波の音だけ

ぬるくなった缶ビールを飲みながら
普段じゃ話さない事を肩並べ語った
まるで慌ただしい時間の流れが止まった
様な気がして ウチに帰りたくなかった

ゴリがいきなりさ
「なんかええよなこういうの。」とか言うから
吹き出して 腹抱えて笑った
でも心の中じゃ俺もそんな風に感じていたんだ

Remember!! あの夏の記憶は
今でも胸を締め付けて熱くさせる
大人になれず 仲間とずっとこのまま
いれたらと願ってた あの頃のMemory!!

Oh Oh Summer memories
Oh Oh Oh Nanananana
Oh Oh Summer memories
Oh Oh

太陽が水平線に飲み込まれ
空を見上げりゃ満点の星空
隣にはずっと惚れてた
あの子がいて俺めちゃ浮かれてた

一緒に花火をして お互いの話もして
あれ?これ、もしかしていけるんちゃうの?とか思ったりして

ほんでさ いっとけってとか
お前らがそそのかすもんやから
勢い任せ 酔っぱらったままで したっけ告白

割といける気がしてたのは
勘違いで マジであっさりとフラれた
へこむ俺を酒のアテにして
あの日一番の笑いが生まれた

だけど気付いてた
それがお前らの優しさだって事には
あの子の顔も思い出せないけど
お前らの笑顔はずっと忘れないまま

Remember!! あの夏の記憶は
今でも胸を締め付けて熱くさせる
大人になれず 仲間とずっとこのまま
いれたらと願ってた あの頃のMemory!!

なぁどっかでお前らも見ているか?
夕陽の沈んでく琥珀色の海
あの頃に比べてずいぶん大人になって
俺にもそれなりに守るべきものが出来てきたけれど

Remember!! あの夏の記憶は
今でも胸を締め付けて熱くさせる
大人になれず 仲間とずっとこのまま
いれたらと願ってた あの頃のMemory!!

Oh Oh Summer memories
Oh Oh Oh Nanananana
Oh Oh Summer memories
Oh Oh