遠い日のこと

作詞:鈴木康博    作曲:鈴木康博

あの頃君は 僕のギターの生徒
キャンパスには歌があふれていた

練習の後 港へ続く道で
少し誉めると 腕にすがって はにかんでた

まるで手探りで始まった 僕の音楽人生
地図など あてなどなくとも 明日へ向かうしかなかった

青春 新しい生き方 戸惑い
時代を歌にしてゆく そんな風を手にして
仲間たちは皆 輝き始めた

確かなものを 掴むまではと
歌ってた小さな店で よく話した

いつまでも待つと 君は約束してくれたけど
いつ手が届くとも知れない 遠い夢

別れを予感させる 君の瞳
答える言葉もなく あの夏の日の涙
一つの季節が 遠ざかっていった

まだ昨日のようなことが
もうなんて遠い日のことなんだろう

ステージから見つけた 見覚えのある瞳
こんな日の来ることなど 想像もしなかった

あれからずっと 僕は歌い続けてる
どんなに遠い夢でも いつかは手が届くよ

バック・ステージ 久しぶりの再会
友達が言った 「二人、一緒になってもよかったネ」って
伏し目がちに 君は笑った

まだ昨日のようなことが
もうなんて遠い日のことなんだろう

僕はきっと歌い続ける
君を愛した青春は 心の中に輝き続けると