春の嵐

作詞:牛丸ありさ     作曲:牛丸ありさ

片目で君を見る
汗ばむ体温で
安心しているよ
その目線と息遣い

そうして日が暮れる
鬱陶しいほど早く過ぎる
全て満たされた僕たちは
何も面白いことできないよ

またね
次が当たり前にあるみたいに言って
じゃあね
ずっとそこにいるみたいに笑って

だいたいのことは暇つぶし
あの日のことも許して
一世一代のお祭りさ
君はそっといった

今年もお花見出来ないな
道の花びらを踏んで歩こう

不安とか憂鬱が
消えて無くなってしまうことは
僕にとって本当に
求めてたことなのかな、なんて

だいたいのことは暇つぶし
あの日のことも許して
一世一代のお祭りさ
君はそっといった

ある朝寝ぼけ眼で
見慣れた君にキスして
外では春の嵐が
通り過ぎていった