二色の奏で

作詞:熊木杏里    作曲:熊木杏里

人が死んだ 殺された そんなニュースを
味のしない ご飯を詰めながら
生と死が同じ時間
マフィアのように手を組んでいる
この日生きてる人と 死でしまった人と
何がちがうかって… わからない
それが運命かって…わりきれやしない
手元の現實が鳴る
友人の笑い聲
耳が痛むより胸が痛む
そんなこんなでも 遊びにふける午後
ここは別世界ではないのに

一步 町へ飛び出せば 忘れてる
樂しいことばかりに 忘れてる
時がどこへ 向かう旅路か
ことの短さを知らないで
哀しみに濡れた地圖を蹴って
目もくれずに行く 十代は
うすっぺらな 心 どこまでも
意味のない集まり
雜談に身をまかせ
ためる言葉もなく
喋り疲れて
おかえりの無い時間に
機に向かえば言いようのない
罪惡と靜寂に つぶされる
世に生まれたことに 惱むのならば
生まれてこれたことに 懸命に生きて
いつか「人生」と太筆で書いても
恥じることのない
道を 道を