ANAK〈息子〉

作詞:Freddie Aguilar    作曲:Freddie Aguilar
母の胸に抱かれて おまえは生まれた
喜びの朝をはこんで
寝顔を見つめるだけで
うれしさがあふれる
父はおまえの明日を祈った
夜には母さんがねむりもせず
ミルクをあたためた
朝には父さんがおまえを抱きあげて
あやしてた

おまえは大きくなり
気ままな自由を求めた
母はとまどうばかり
日に日に気むずかしく
変わってゆくおまえは
話を聞いてもくれない
嵐の吹き荒れる夜に
おまえは突然出て行く
おまえを呼びとめる
父や母の声をふりすてて

時は流れておまえは今
すさんだ暮らししてると聞いた
息子よおまえに何があったのだろうか
ひとり暮らしの月日に
おまえの胸には母の声が今聞こえてる
遠く離れた母の声におまえは泣いたよ